Kikuzato High School Web


《学校図書館 》

  菊里図書館は、@蔵書数が多い。A開館時間が長い。B自習室としての利用も多い。C貸出・返却手続きをバーコード処理。D貸出冊数が比較的多い。 E新刊書が手に取りやすい配置になっているなどの特徴をもっています。

《1.図書館って どんなところ?》
菊里では、図書館の開館を待って、朝早くから生徒の行列が出来ます。 「勉強する場所」というイメージが強いようです。でも、昼休みは、好きな本を借りる生徒で相当混み合っています。昨年度は、生徒貸出数約4,500冊。一人平均4冊以上と貸出が増加しました。今年も、話題の本をどんどん入れていきます。ベストセラー本は、ほとんど入るようにしています。小論文やレポートの参考になる本も多くあります。今年はぜひ積極的に図書館に来てください。そして本との出会いを楽しんでください。
《2.開館時間は?》

  1. 平 日  朝8時 〜夕方5時
  2. 考査中 朝8時 〜午後3時まで
  3. 夏休み 9時〜12時20分まで(平日は毎日)
  4. コピー機の利用時間…授業中は不可
    1. 朝      8:00〜8:25
    2. 昼休み  12:20〜13:00
    3. 授業後  15:20〜17:00
    4.          
    5. 考査中   8:00〜15:00
    6. 夏休み中  9:00〜12:20
             
《3.蔵書数は?約7万冊》
  • 毎年約1000冊の新しい本を入れています。
  • バーコード処理がされている本は、昭和53年以降の約3万6千冊。
《4.図書館にある新聞と雑誌》
<新聞>・朝日 ・中日 ・日本経済 ・The Japan Times ST(週刊)
<雑誌>・AERA  ・日経PC21 ・暮らしの手帖 ・時刻表 ・Number ・キネマ旬報
  ・オレンジページ ・栄養と料理  ・Newton  ・大学への数学  
  ・蛍雪時代  ・English Journal

《5.貸出・返却の仕方》

  • 貸出期間…1週間 ・貸出冊数…3冊まで
  • 貸出カード(バーコード付き)と本をカウンターへ    ※ バーコードの貼っていない本は、図書カードで借りられます。
  • 図書管理システムで検索もできます。著者名、書名、出版社名、分類名から検索することが可能です。
  • 個人のプライバシー保護、統計処理・蔵書検索・蔵書管理も容易にできます。
  • 保護者向け貸し出しも実施しています。
《6.守ってほしいこと》
  • 館内は飲食厳禁。ジュースのパックの持ち込みも不可です。
  • 館内では静粛にしてください。 館内の本を、無断で持ち出さないでください。
《7.広報活動》
  • 年一回の図書館報と学期に2回ほど「図書館だより」を全生徒に発行しています。
  • 廊下などでも、図書館の本を紹介しています。
《学校図書館》
  • 面積・・・・・・・・・・・・398u
  • 収容人数・・・・・・・・・70名
《図書館の一日》
−朝−
 8時開館。5分もしないうちに自習をする生徒で、56の席は一杯になる。  朝は常連が多い。それぞれにお気に入りの席もあるようだ。丸テーブルでは新聞が広げられる。英字新聞に毎朝挑戦している生徒もいて頼もしい。

−昼休み−
 利用者の最も多い時間だ。図書委員は昼食の合間にカウンターで、貸出返却の手続きに忙しい。朝と同じく自習机はすぐに一杯になる。最も活気ある時間である。

−授業後−
 昼休みについで利用者が多い。朝・昼・授業後と同じ生徒が同じ場所で勉強していたりする。授業で課されたレポートの相談をしているグループもある。初めのうち雑然としていた雰囲気も、午後4時を過ぎるころには落ち着いて、鉛筆を走らせる音だけが聞こえる。  午後5時閉館。夏休み中も月曜から金曜の毎日、朝9時から12時20分まで開館している。利用状況は上々である。若者の活字離れが嘆かれて久しいが、図書館が居心地の良い空間となることは、菊里の生徒がますます本に親しむことにつながるだろう。学習に図書館を利用する生徒は多いが、単なる予復習や受験勉強を超えた、広く深い教養を身につける場でありたい。

Kikuzato High School Web