Kikuzato High School Web

《音楽科特別講座》


毎年、内外の著名な音楽家をお招きして、本校の演奏ホールにて行います。代表生徒のレッスン受講および講師模範演奏があり、音楽科生徒全員が聴講する公開形式のレッスンです。いずれも深い感銘を受けるものばかりであり、生徒の音楽的成長に寄与しています。

平成28年度 特別講座

♪「科学の祭典」♪

1月29日(日)名古屋市科学館のサイエンスホールで「高校生による科学の祭典」が行われました。お昼のアトラクションとして音楽科の生徒が演奏させていただきました。聴いてくださったお客様の集中力が大変高く、生徒たちも緊張しながらも大変気持ちよく演奏させていただきました。

♪「揚輝荘コンサート」♪

1月15日(日)覚王山にある揚輝荘聴松閣で、菊里高校音楽科の生徒による新春コンサートが行われました。雪の積もった寒い日でしたが、足元の悪いところおいでいただいたお客様に感謝の気持ちを込めて演奏させていただきました。

♪「名古屋市教育祭」♪

11月9日に名古屋市公会堂で行われた、第69回名古屋市教育祭 小中学校連合音楽会で、音楽科代表生徒がフォーレ作曲ピアノ四重奏曲 第2番 第1楽章を演奏させていただきました。小・中学生や保護者の方に熱心に聴いていただき、励みになる嬉しいご感想もいただきました。

♪「野口体操特別講座」♪

11月17日 新井英夫先生においでいただき、毎年恒例の野口体操特別講座を実施しました。力を抜くことで得られる重さ、自然の動きを実感する、大変楽しくまた有意義な講座で、また来年が楽しみです。

♪「市政資料館オータムコンサート」♪

11月19日 名古屋市市政資料館オータムコンサートで演奏させていただきました。大変響きが良く、ステンドグラスから差し込む光がとても素敵な雰囲気を醸し出す市政資料館の中央階段室で、お客様と音楽を共にする喜びを味わいました。

♪「ミニコンサート」♪

10月28日(木)熱田文化小劇場において、熱田文化小劇場と菊里高校のコラボ企画による、漆原朝子先生の公開レッスンとミニコンサートが行われました。 体の使い方を丁寧に指導していただき、楽器の専攻に関わらず、演奏する際の体の感覚がいかに大切なことであるかを感じ取ることができました。漆原朝子先生のヴァイオリンと田村響先生のピアノによるミニコンサートは、自然で生き生きした音楽と、音楽をする喜びに包まれた、とても幸せなひと時でした。

♪「アレクサンダーテクニーク」♪

6月29日に森 朝先生による特別講座を行いました。 自分の体が背骨、足を通して、床に支えられているという感覚を大切にして、日常生活から姿勢について意識することが大切であることを学びました。毎年行っている野口体操が動的なアプローチであれば、今回のアレクサンダーテクニークは静的なアプローチのように感じました。目指すものは変わりませんが、違う視点から体の使い方を考えるきっかけになりました。

♪「ピアノ特別講座」♪

5月25日(水)小菅優先生  和声の流れを大切にして、作曲家が曲に込めた思いをいかに表現するか、隣で弾いて見せていただいたので、とてもわかりやすいレッスンでした。演奏する姿勢や音楽の自然な流れについても指摘していただき、大変良い勉強になりました。情感たっぷりの、豊かで迫力のある先生の演奏に深い感動を覚えました。

♪「フルート特別講座」♪

5月23日(月)ビルギット・ラムスル先生 体が不必要に動くと、音を聴いたりコントロールしたりできなくなるので、演奏するときの姿勢が大切であることを再認識しました。フルート専攻でなくても演奏するときのヒントになることをたくさん学びました。先生の音色と音楽の素晴らしさに心ときめく思いでした。


平成27年度 特別講座

♪「揚輝荘コンサート」♪

1月17日(日)覚王山にある揚輝荘 南園「聴松閣」で、第29回音楽・芸能定期コンサートに出演させていただきました。11:00〜11:30、13:00〜13:30の2回公演で、管楽器や弦楽器の二重奏や弦楽四重奏をお客様にお楽しみいただきました。

♪「ピアノ特別講座」♪

11月12日 フランスのピアニスト、ジャン=クロード・ぺヌティエ先生をお招きして特別講座を行いました。先生がフォーレの「主題と変奏 Op.73」を演奏してくださいました。人の心を包み込むようなまろやかな音色と豊かな響き、そして格調の高い音楽に間近で触れることができ、大変幸せでした。レッスンでは音を注意深く聴くことや手の使い方を丁寧に教えていただきました。先生の温かいお人柄がうかがえる演奏とレッスンでした。

♪「バイオフィードバックレッスン」♪

11月4日 愛知県立芸術大学の石垣亨先生(身体運動・健康科学 教授 医学博士)と掛谷勇三先生(ピアノ科 准教授)をお招きして、解剖学・生理学に基づいた解説と筋電図を用いたバイオフィードバックレッスンをしていただきました。ピアノ、ヴァイオリンの楽器演奏時の筋活動が筋電図によってリアルタイムで可視化されました。演奏する時に筋肉を使うのは必要なごく短い時間で、あとはなるべくリラックスしていることが大切であることが、目で見てわかりました。筋肉の無駄な緊張のない演奏を目指す良いきっかけになりました。

♪「野口体操特別講座」♪

11月19日 毎年恒例の、新井英夫先生による野口体操特別講座を行いました。 人間の体が液体的であることや、力を抜くことによって生まれる動きの可能性の大きいことをとても楽しく実感しました。実技の練習の前や試験などの本番前にこの体操をしてみようと思いました。また来年の野口体操特別講座を楽しみにしています。

♪「ピアノ四重奏団」♪

11月28日(水) 当日はヴィオラのザイフェルト先生が体調不良でおいでいただけませんでしたが、モーツァルトとメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲を演奏してくださいました。急なプログラム変更にもかかわらず、素晴らしい演奏だったことや、曲によってがらりと音色が変わったことに驚きました。音楽の都ウィーンの本場の、エレガントな音色と品格のある音楽を身近に聴くことができて、大きな喜びと感動に満たされたひとときでした。

♪「ヴァイオリン講座」♪

11月30日(金)ナタリア・ロメイコ先生のヴァイオリンの音色は、自然なのびやかさがあり、とても魅力がありました。レッスンでは、練習方法もご指導くださって、無理に力を入れずに腕の重さを使って演奏することの大切さを教えていただきました。どんなに技巧的に難しい曲を演奏する場合でも、力まないことや弓を返す時に細心の注意を払うことなどの基本的なことを常に気をつけなければいけないと感じました。

♪「チェロ講座」♪

11月29日(木)ユルンヤーコプ・ティム先生とアンドレアス・ティム先生のそれぞれのソロと息のぴったりあったデュオの素晴らしい演奏の後、レッスンをしていただきました。先生のご指導によって、生徒の音楽のスケールが大きくなっていくのを感じました。

♪「斎場開場記念式典演奏」♪

7月11日(土)名古屋市立第二斎場開場記念式典で、音楽科代表生徒が記念演奏をさせていただきました。

♪「宇野病院コンサート」♪

8月25日(火)岡崎の宇野病院でコンサートをさせていただきました。患者様、地域の皆様70名ほどご来場いただき、温かい雰囲気で熱心に耳を傾けて下さいました。お客様の反応を間近に感じ、生徒たちは演奏することに喜びを感じたようです。

♪「アンサンブル天下統一」♪

6月15日(月)長原幸太先生(ヴァイオリン)、鈴木康浩先生(ヴィオラ)、中木健二先生(チェロ)(本校音楽科卒業生)による「アンサンブル天下統一」をお招きして、室内楽の特別講座を開きました。先生たちが、ベートーヴェンの弦楽三重奏曲第1番を演奏してくださいました。調和のとれたアンサンブルで、生き生きとした音楽を堪能させていただきました。


平成26年度 特別講座

♪「揚輝荘コンサート」♪

1月18日(日)覚王山にある揚輝荘の聴松閣で弦楽四重奏の演奏会をさせていただきました。由緒ある建物、独特の雰囲気のあるこじんまりした会場はほぼ満席。温かい拍手にこれからももっと練習に励んでいこうという意欲がわきました。

♪「フレッシュコンサート」♪

3月7日(土)千種文化小劇場で、菊里高校音楽科と菊里高校箏曲部による菊里高校フレッシュコンサートが行われました。舞台を取り囲むように客席があり、その独特の造りのおもしろさも感じながら、練習の成果を懸命に披露させていただきました。

♪「名古屋教育祭小中学校連合音楽会」♪

11月5日(水)日本特殊陶業市民会館で行われた、第67回名古屋市教育祭小中学校連合音楽会に招待演奏として招かれ、代表生徒が演奏させていただきました。客席の小中学校の児童生徒が、目を輝かせて楽しんで聴いていた様子が大変うれしく、ありがたく思いました。

♪「野口体操特別講座」♪

11月6日(木)毎年恒例の野口体操特別講座を行いました。学年別に少しずつ深めた内容を受講しました。力を抜くことの大切さ、力を抜くことによって得られる動きの可能性の大きさに改めて感動し、一人ひとりが自分の演奏に生かしていきたいと実感しました。大いに楽しみ、おおいに身体で感じた講座でした。

♪「ワルター・アウアー先生」♪

11月7日(金)ウィーン・フィルの主席フルーティストのワルター・アウアー先生をお招きして特別講座を開きました。アウアー先生の演奏を聴いている時には、ホールの空間に金色の細い帯が音楽の流れに沿って速度を緩めたり速めたりしながら舞っているように思いました。レッスンの指導も大変親切でわかりやすく、指導によって生徒の音色がよくなるのがわかりました。音楽する喜びを生徒みんなで分かち合えました。

♪「オータムコンサート」♪

11月8日(土)名古屋市市政資料館でオータムコンサートを行いました。 歴史的な建物の品格のある雰囲気の中で演奏させていただきました。空間一杯に広がる豊かな響きに全身が包まれる感じで、お客様も満足そうでした。ありがたい機会をいただき、感謝しています。

♪「バロックダンスの特別講座」♪


11月12日(水)浜中康子先生と伊藤誠先生をお招きして、バロックダンスの特別講座を開きました。バロック時代の舞曲を演奏する際に、舞曲のステップを知っていると、拍の取り方や演奏の質に大きな違いが出るということを身体で感じることができました。優雅なステップも、美しく正しく実践するには姿勢に気をつけ、体幹でしっかり支えなければならず、見た目以上に大変でした。バロックヴァイオリンのお話も聞き、その時代の音色やスタイルがあることも学びました。

♪「ナゴヤまちかどアンサンブル」♪

9月27日(土)ナディアパーク 2Fアトリウムで行われた「ナゴヤまちかどアンサンブル」で音楽科生徒が演奏しました。お天気に恵まれた土曜日の午後、大勢のお客様にお聴きいただき、楽しんでいただきました。

♪「宇野病院演奏会」♪

8月12日(火)岡崎の宇野病院のさくらホールで演奏会をさせていただきました。客席は地域の方、病院の職員の方、患者さんで満席になり、温かい雰囲気に包まれました。お客様の反応を間近で感じながら演奏する喜びを味わうことができ、感謝の気持ちで一杯です。

♪「ピアノ特別講座」♪

イヴ・アンリ先生


フランスのイヴ・アンリ先生をお招きして、ピアノの特別講座を開催しました。音をよく聴きながら立体的な空間を感じられる響きを作ることを、大変興味深く学ぶことができました。今回の講座でアンリ先生がお使いになるということで、ベヒシュタインのピアノを時間をかけてていねいに調整しました。調律師さんの技術とアンリ先生のすばらしい演奏で、今までに聴いたことのない、ふくよかで豊か、奥行きのあるベヒシュタインのピアノの音色を聴き、感激しました。

平成25年度 特別講座

♪「フルート特別講座」♪

ワルター・アウアー先生


ウィーンフィルの主席フルート奏者のワルター・アウアー先生においでいただきました。先生の演奏ではブレスをされているのに、そのブレスの音が全然聞こえないことに大変驚きました。アウアー先生の美しいフルートの音色は、ホールの空間に金色の絹糸が新体操のリボンのようにのびやかに舞い広がるようでした。先生のご指導によって、受講した生徒のフルートの音色がどんどんよくなっていったのが感動的でした。

♪「ヴァイオリン特別講座」♪

戸田薫先生


本校音楽科卒業生で桐朋学園大学古楽科非常勤講師の戸田薫先生に「楽譜を読むということ、そして音を伝えるということ」と題してバロックヴァイオリンの特別講座をしていただきました。音楽におけるレトリックを通して、音符の背後を読み取ることの大切さを学びました。戸田先生とパウル・エレラ先生のご夫妻による息の合った生き生きした演奏にも深い感銘を受けました。

♪「ピアノ特別講座」♪

江口玲先生


国際的なピアニストで東京芸大の准教授の江口玲(あきら)先生においでいただきました。無理のない自然な奏法で演奏して下さった先生のピアノは響きのバランスが絶妙で、心揺さぶられました。美しい音で、美しいレガートで演奏するためのタッチを丁寧に教えていただきました。響いている音を丁寧に聞き届けることの大切さを学びました。

♪「声楽とピアノ」♪

寺岡真美先生


ウィーン国立音楽大学講師、コレペティトールの寺岡真美先生に声楽とピアノ伴奏の特別講座をしていただきました。お客さんの心に、素敵な音楽を心地よく届けるためには、どうすればよいか。声楽とピアノとの響きのバランスや、絶妙な間の取り方、感じたことの表現方法など、実演を交えながら熱心にご指導いただきました。お話もとても楽しく、コレペティトールという今まで余りなじみのなかった仕事を知ることもできました。
Kikuzato High School Web