Kikuzato High School Web


30年度PTA総会 講演

 〜平成30年5月17日(木)〜

「高校生が身につけておくべきチカラ」 

   〜河合塾 西山 直志〜



 これからの社会は、知識基盤社会となり、ビッグデータやIOT、人工知能などの台頭により、新しい知を創造する力が必要となる。それにあわせて入試改革が行われ、大学入試で問われる学力も変化する。
 学力の三要素として@知識、技能、A思考力、判断力、表現力B主体性、多様性、協同性が求められ、それらの問われる入試へと変化していく。現在の「センター試験」は廃止され、「大学入学共通テスト」が導入されるが、特徴としては@深い思考力A記述式問題の導入B英語4技能検定試験の活用があげられる。
 また学力の3要素を多面的・総合的に評価する入試への変化として@国公立大学の推薦/A0入試定員の拡大A推薦、AO入試における学力不問入試の撤廃B一般入試における主体的評価も求められる。
 西山先生は、講演の方法も壇上から一方的に話すのではなく、参加者のところへ出向いて質問し、マイクを向けて答えてもらうことを繰り返し行い、一体感のある講演をめざしていることが伝わってきました。この新しい入試を分析し、乗り越えていけるように学校としても取りくまなければならないと感じました。


30年度PTA総会

 PTA総会では、29年度会計決算報告、監査報告、役員選出、旧役員より会員への謝辞、新役員紹介、新会長挨拶が行われました。また、30年度事業計画、PTA会計予算案などが報告されました。
 その後は学年別行事が行われ、1,2年生はクラス別懇談会、3年生は普通科の進路説明会、音楽科は進路についての説明とクラス懇談会が行われました。

〜平成30年2月28日に「菊里だより」を発行しました。ご覧下さい。〜


29年度PTA講演会報告

○報告



29年度PTAバス研修旅行報告

 〜平成29年11月7日(火)〜

清流の町 郡上八幡を訪ねて 

―風情あふれる城下町散策―




 11月7日(火)、秋晴れで10月中旬の暖かさ、という絶好の研修旅行日和に、58人の方にご参加いただき、郡上八幡へ行ってきました。
 最初の研修地である旭サンプル工房では、フルーツフラッペ作りを体験しました。簡単なようで本物そっくりに作り上げるのはとても難しく、できあがったフルーツフラッペには個性が溢れていました。 昼食は積翠園で、朴葉味噌がおいしい和定食に舌鼓を打ちました。
 午後は城下町へ下りて集合時間まで自由散策です。秋の晴天の下、川風を頬に受けながらのんびり散策するという、とても贅沢な時間を過ごすことができました。
 学校でのPTA活動とはまたひと味違った時間を楽しみながら、瞬く間に旅程終了となり、一路名古屋へと帰途につきました。本年度のバス研修旅行を無事、終えることができました。ありがとうございました。
 普段の学校でのPTA活動とは異なり、楽しみながらもいろいろ有意義な情報交換もすることができ、例年同様、本年も充実したバス研修旅行となりました。


29年度PTAボランティア清掃報告

 〜平成29年 10月28日〜



 10月28日(土)にPTAボランティア清掃を行い、53名の保護者の方にご参加いただきました。お天気に恵まれず、予定していた草抜きはできませんでしたが、生徒が利用するトイレと渡り廊下を掃除しました。
 清掃の後は懇親会です。39名の方にご参加いただき、おいしいお弁当を食べながら会話に花を咲かせました。


24年度PTAバス研修旅行報告

 〜平成24年 11月5日〜

伊勢路に秋を訪ねて

―伊勢神宮とおかげ横丁、夫婦岩―


天気予報が悪く心配しましたが、当日の朝は晴れており安心しました。今年度のPTAバス研修旅行は、二見浦と伊勢神宮を研修地にしました。  当日は朝早くから参加者の皆様が集まり、2台のバスに分乗、ほぼ予定通りに出発しました。今年度はバスガイドさんも添乗してくださり、道中の景物にまつわるお話をいろいろと聞かせて下さいました。予定より20分ほど早く二見浦に到着しました。遠くにかすむ水平線を背景に、思ったほど大きくはない岩が二つ、仲良く並んでいる姿が印象的です。風もあまりなく穏やかな海を前に写真を撮ったり、神社に参拝をしたりして、1時間ほど過ごしました。  再びバスに乗り、伊勢神宮の内宮前の駐車場へ。昼食は、おはらい町の中ほどにある「すし久」で、会席料理と手こね寿しを楽しみました。歴史を感じさせるお店の2階で、季節の食材と伊勢の名物料理にしばし舌鼓を打ちながら、楽しい歓談の時を過ごしました。昼食後の自由行動では、伊勢神宮へお参りしました。  伊勢神宮は20年に1度の式年遷宮を来年に控え、新社殿建築の真っ最中でした。所々シートに覆われた建物や、組まれた足場、重機などがそれを感じさせます。とは言っても、広大な内宮の敷地には、やはり古来から培われてきた森閑とした雰囲気が漂い、歩いている内にどことなく背筋をぴんと伸ばしたくなるように感じます。大きな杉の木が立ち並ぶ中、風日祈宮、正宮、荒祭宮をお参りし、お伊勢参りの宿願を果たすことができました。その後は、おはらい町やおかげ横丁をゆっくりと見て回り、多くのお店に並んでいるスイーツやおみやげなどに目移りしながら、楽しい時間を過ごすことができました。  普段の学校でのPTA活動とは異なり、楽しみながらもいろいろ有意義な情報交換もすることができ、例年同様、本年も充実したバス研修旅行となりました。